アニマルセラピー

アニマルセラピーとは

アニマルセラピーとは、一般的に、動物介在療法(AAT)と動物介在活動(AAA)を併せてアニマルセラピーと呼ばれています。

▼AATとAAAの解説▼

AATとは、アニマル・アシステッド・セラピーといい、治療上のある部分で動物が参加することで、専門の医者や看護士、ソーシャルワーカー、作業・心理・言語療法士などがボランティアの協力のもと、治療のどこで動物を参加させるかを計画し、実行する医療プログラムのことをいう。

AAAとは、アニマル・アシステッド・アクティブティといい、コンパニオンアニマル(ペット)と人が触れあう活動のことで、病院や施設などでの特別な医療プログラムではなく、活動はボランティアの自発性に任されていて、必要によって活動の期間を決め、詳細な記録はとらなくて良い。日本では主にこのAAAが中心です。

アニマルセラピーの効果としては、次の通りです。

@肉体的に良い
・病気の回復が早い
・適応能力が増加する
・リラックスする
・血圧やコレステロール値が低下する
など

A心理的に良い
・元気づけができる
・心理的自立が促せる
・自己達成感がある
・親密な感情、受けられている感じがある
など。



アニマルセラピーのすすめ
Copyright (C) セラピーズ〜セラピー&ヒーリングガイド〜. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。