タラソテラピー

タラソテラピーとは

タラソテラピーとは、1867年、フランスの医師ボナルディエール博士によって確立されたセラピーで、ギリシャ語でthalasa=「海」とフランス語でtherapeia=「療法」とを併せた造語で「海洋療法」と訳されています。

このタラソテラピーは、海水・海藻中に含まれるミネラルを身体の中に取り入れることで、細胞のバランスを整え、細胞の働きを活発にし、本来人間が持っている自然治癒力を高めようとするものです。

手術後のリハビリ、神経痛などの病気治療、スポーツ選手のケガなどのリハビリ、シェイプアップ、肌の活性などの美容等で利用されています。

タラソテラピーの療法は、以下の10種類の療法に大別されています。

@海水療法
A海藻療法
B水利療法
C泥浴療法
D砂浴療法
E生理療法
F機械療法
G食事療法
H日光浴療法
I大気浴療法

このなかでも、入浴療法(バルネオテラピー)は、全身の皮膚から直接ミネラルを取り込むことができます。



自宅のお風呂でタラソテラピー
Copyright (C) セラピーズ〜セラピー&ヒーリングガイド〜. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。